こんばんは。 きょうのおはなしは-

フレーム換装の補遺のようなものです。
やらなくても問題ないけど気になったのでやってみた、的な。
前腕うまくいった!!足首失敗・・・orz編です。

IMG_6575_110810.jpg
や~暑かったのでとてもおいしかったです。

・・・では、おはなしの続きからどうぞ。
腕と足の気になる部分をいじってみました。
まずは腕からです。

もともと前腕部分のフレーム軸はやや短めです。通常なら問題ない範囲ですが、うちのみうさんは右前腕がやや長い(左と比べて3mm程)ので腕を曲げると肘から外れてしまいます。外皮のカットはやりたくないので抜け落ち防止の為フレーム軸を伸ばすことにしました。

IMG_6550_110810.jpg  

接合部分にはアルミパイプを被せて接着面積と強度を確保。
左のフレームも同様に伸ばしました。

次は足です。
スペアパーツが手に入ったら~・・と思っていましたがやってしまいました。

ここから先の色付き記事部分は失敗編ですね~。

足に入っているDDのフレームを抜き取ります。
ドライヤーで暖めてもどうにもならなかったので熱湯に漬け込みます。
ソフビが十分に柔らかくなればフレームを引っ張り出す事ができます。


IMG_6556_110810.jpg
左がDDのフレーム。足の外皮を挟んで右2点はオビツのフレーム。

DDのフレームの代わりにオビツのフレームを組み込むわけですが、DDの足はやや甲高なので金属製の底板まで足首関節パーツが届きません。こちらも外皮はカットしたくないので底板にスペーサーを接着して対応します。

IMG_6559_110810.jpg
こんな感じになりました。

オリジナルのオビツ足では踵底部外側から関節パーツと底板をネジ留めしていますが・・・
踵に穴を開けたくないのでこちらではやっていません。
問題はないと思われますが少し様子見です。
不安があるようならネジ留めもやむなしですね。




IMG_6574_110810.jpg
磁石足になっています。

足首周りの雰囲気もさほど変わりありません。

結果。
この方法で足首のフレーム交換をしてもあまり良い結果が得られませんでした。
足先で踏ん張れずにふらふらします。体重をしっかり支えられない感じです。
→踵で軸固定していないのですからまぁあたりまえかな~。
元に戻すかどうにかするか考え中。
追記
結局作り直ししました。→補遺3でやってます・・・ちょっと意地になってますねw

これで微調整もおわりました。
次回こそはみうさんのお披露目ですね~。
web拍手 by FC2
Secret

TrackBackURL
→http://zauberlehrling.blog114.fc2.com/tb.php/245-fba1f899